日本海のメタンハイドレート

2014/08/18

メタンハイドレートはメタンが海底で固体化した燃える氷とも呼ばれている物質ですので、そのまま取り出せばすぐに火力エネルギーとして利用可能なはずです。昔から資源の無い国と言われてきたこの日本国が、メタンハイドレートによって資源大国になることができるのも夢ではないのです。特に日本海では天然ガスの年間消費量の100年分以上の埋蔵量があると言われていますが、実際にはそれ以上あるはずです。地球が活動を続ける限りはメタンハイドレートは日々作られ続けています。初めに発見されたのは太平洋側ですが、太平洋側のメタンハイドレートは細かい砂と混じり合っているために技術的にもコスト的にも採掘が困難です。しかし日本海側に存在しているメタンハイドレートは海底の表面に固体としてタワーのように突出しています。それならば低コストで簡単に採掘ができるので、日本海側のメタンハイドレートを中心に次世代のエネルギー源として早急に利用すべきなのです。