メタンハイドレートの商業化は可能か?

2014/08/18

エネルギーは日本国内でも大きな問題になっています。 特に世界情勢のことでエネルギーのねだんが変わりやすく、需要が大きいので上がりやすいです。 日本国内では原油などの資源はあまり取れなく、輸入に頼っています。 そうなると素材の値段や円相場によって価格が大きくなりやすく、その分価格が上乗せされて家計も圧迫されます。 日本国内に資源が無いかというとそうではなく、海の中に沢山メタンハイドレートがあることが分かっています。 メタンハイドレートは燃える氷と言われていて、日本のあちらこちらで発見されていますが、現在ではメタンハイドレートを採掘するにはコストが高いので商業化するにはコストを下げなくてはなりません。 掘削するのに技術が必要で現時点ではコストが高いのが難点です。 メタンハイドレートは技術革新によって上がってきた燃料費と下がってきたコストが見合うことが出来れば商業化も可能と言われていて、そうなった時には日本はメタンハイドレートを消費するだけでなく、海外にも輸出することが可能となります。