メタンハイドレート採掘方法

メタンハイドレートは未来の日本の資源不足を解決するエネルギーとして十分な可能性を持っています。メタンハイドレートは太平洋側では細かい砂と混ざって存在しているため、深海油田採掘を応用した採掘方法を用いても上手く採掘できないという問題があります。また採掘にはコスト的にも採算が合わないために、現在は研究目的としてしか採掘が行われていません。日本海沿岸では海底表面にメタンハイドレートが露出している表層型であるため、太平洋側よりも採掘が容易であると考えられています。その採掘方法に関しては研究中ですが、試掘の際に行った方法としてはメタンハイドレートの塊を砕くためにチャンバーを使い、その衝撃で解離した状態のものを採取する方法が用いられました。研究者の中ではメタンハイドレートというのは天然ガスであるため、液化天然ガスの利用を得意としている日本には向いており、青函トンネルや関門トンネルの建設を実現させた技術を持っている日本の海洋土木技術を応用すれば、特に日本海側に露出しているメタンハイドレートの採掘は用意であるとする意見があります。具体的なメタンハイドレートの採掘方法には土木的な手法を用いるのが有効であるとされており、ピストンコアリングに代表されるように土木的に陸上まで運び上げて取り出す方法が検討されています。しかし陸上に引き上げた後もメタンを取り出す作業には大量のエネルギーが必要とされたり、土木的手法を用いた場合には海底面に与える衝撃によってブローアウトを引き起こす可能性も指摘されています。その他の方法には温水を注入したり発電によって海底の温度を上昇させることでメタンを取り出す加熱法もありますが、そのためにはメタンが自壊するまで海底の温度を上昇させる大量のエネルギーが必要とされます。また海底の圧力を下げてメタンを取り出す減圧法もありますが、広範囲に海底の圧力を下げるためにはやはり大量のエネルギーを必要とします。

ホテル予約サイト一覧


快適なインドホテルホテル

IT都市、ムンバイ滞在もインド満員御礼ホテルが便利

快適なニュージーランドホテルホテル

語学留学中に最適のアパートメントも探せるニュージーランドホテルサイト

ドバイのホテル一覧

あれもこれも「世界一」なドバイのホテル選びに最適